わが国の経済動向と東理ホールディングスの業績

東理ホールディングス 東京都中央区銀座に本社を構える株式会社東理ホールディングスは、グループ全体で572名(平成24年3月末現在)が在籍している企業です。アベノミクスの追い風を受け、平成25年度は大幅な黒字となりました。今回は、同社の現況についてご紹介します。

■わが国の経済動向
安倍政権になって以降、大規模な金融緩和や経済対策が行われ、日本の景気は緩やかながら回復の兆しを見せています。わが国の主力産業である自動車製造も好調で、東理ホールディングスの子会社である東京理化工業所の売上は。ただし、原材料価格も上昇しているため、ダイカスト事業の利益率向上が課題となっています。

■東理ホールディングスの現況
平成25年度の東理ホールディングスの業績は、グループ全体で206億円以上の売上を残し、経常利益は6億円以上を記録しました。前年度は181円の経常損失を上げていたことから、景気回復を受けて巻き返した形です。この背景として、国内の需要が堅調であったことと、輸出や鉱工業生産の改善といった好調の要因が挙げられます。また、景気回復に伴い外食産業が伸びたことも、今回の黒字の理由です。

事業持株会社として幅広い事業を展開する東理ホールディングス。景気回復によって成長している企業であり、今後もその動向に注目が集まります。

東理ホールディングス
http://www.tori-holdings.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 村瀬孝司は、現在36歳です。彼は福岡県に住んでいるのですが、そこで彼はある仕事をしているのです。その…
  2. マーチャントブレインズ投資顧問という企業名をご存じの方もおられるかもしれません。東京都千代田区三番町…
  3. なぜトヨタカローラ北越への信頼感が高いのかといえば、トヨタカローラ北越がお客さまのことを真剣に考えて…

アーカイブ

ページ上部へ戻る