大浜民郎が時代を掴んだ

インターネット時代とも呼ばれている昨今、もはやメディアの最先端はテレビや雑誌ではなく、インターネットになりました。そしてインターネットは一部の限られた人間だけではなく、誰もが利用する事が出来るものですので、言い換えれば誰もが情報発信を行い、世間を動かす事も出来るようになっています。ブームもその一つです。かつて流行・ブームはテレビ等のメディアが中心となって生み出されるものでした。ですがインターネットのおかげでブームもまた、インターネットから生まれるようになっていったのです。

個人の何気ない投稿に多くのアクセスが集中して話題を集め、それがインターネットだけではなく一般世間にも飛び火するようになるケースなど珍しい話でも何でもなくなってきているのです。それだけ様々な形が登場しているのですが、大浜民郎もまた、流行を生み出す事になった一人です。大浜民郎は流行をあえて狙ったわけではなく、単純に保有している愛車のリビエラを撮影しただけの動画を動画共有サイトに投稿したのですが、それが話題を集めるようになったのです。

リビエラはアメ車の一つになるのですが、アメ車は燃費が決して良くはありません。むしろ大浜民郎が所有しているリビエラに関しては燃費の事はあまり考慮されていません。ハードトップと呼ばれるタイプのモデルは低燃費を追求してどれも同じような形になっている日本の自動車では決して見る事が出来ない物です。そのような自動車を何台も持っているのですから、インターネットで話題を集めるようになったのも当然と言えば当然なのかもしれません。

大浜民郎としても話題になりたかったわけではなく、愛車の内装やインパネを撮影しただけで、自己満足的な部分もあったかと思うのですが、インターネットで話題を集めるようになったのです。もしかしたらアメ車って格好良いんじゃないかと。日本の「どれも同じ」とされているようなエコカーを見慣れていた人々にとっては、大浜民郎が所有している数々のリビエラはまさに衝撃的だったのです。この動画がじわりとアクセスを増やし、やがては人気を集めるようになっていったのですが、更に話題を高める事が起きたのです。それは、大浜民郎の動画に影響されて自分もリビエラを購入したという人が現れたのです。まさにブームとなった瞬間と言っても良い書き込みだったのです。もしかしたら、この波が大きくなればアメ車ブームがやってくるかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. サービス経済の発達した現代社会では、対人サービスを提供する職業人が増加しています。そして対人サービス…
  2. エス&ケイ(株)は集団訴訟に特化した対策を得意とする会社です。昨今、食品衛生や商品の品質管理、サービ…
  3. ぼくの高校時代は、勉強・部活動(弓道)で構成されたとお話しましたが、嘘をつきました。実は、こんなぼく…
ページ上部へ戻る