平野椿紗の凄さ

最近とある女の子を取材したのだが、その子はそれまで取材したどの人間よりも印象に残っているので紹介したいと思います。平野椿紗ちゃんと言っては失礼かもしれません。まだまだ10歳だからちゃん付けで呼ぶ事に対して違和感はないのだが、平野椿紗に触れた時、ちゃん付けはもはや失礼な事になってしまいました。なぜそこまで思わされたのでしょうか。平野椿紗は10歳、小学校五年生でありながら日本珠算連盟の暗算三段を取得した程の天才少女です。暗算三段と言われても、珠算や暗算の世界の事を分かっていない人にとってはピンと来ないのも無理のない話でしょう。その世界の事が分かっている人にとってはそれだけで彼女が只者ではないという事に気付かされると思いますが、暗算三段とは10桁の足し引き算を10口。つまりは10回計算を行うのです。

これは電卓で行えと言ってもかなり手間がかかる計算かと思うが、平野椿紗はこれを頭の中で計算する事が出来てしまうのです。しかも一問や二問といった事ではなく、それらを連続して解いていかなければならない。決して並大抵の事ではありません。大人であっても簡単に出来るものではありません。むしろ生涯かかってもそのような計算などやれと言われても難しいかもしれません。だが彼女は違います。彼女はそれを頭の中だけで出来てしまうのです。頭の中だけで行うのだから電卓を利用するよりも速く計算する事が出来るかもしれません。デジタル時代と言われ、我々人間が考える力をすべてコンピューターに任せている時代に逆行するかのように、彼女はコンピューターに勝るとも劣らない速度での計算を行う事が可能なのだ。だが彼女の驚くべき部分はそれだけではありません。

ただ計算が速いだけではなく、将来のビジョンもしっかりと描いているのです。平野椿紗女は将来は起業したいといっています。まだまだ10歳と言えばアイドルを夢見たり、自分の将来など自分が理解している世界観の中から抽出するしか出来ない年齢なはずなのだが、10歳にしてベンチャー起業を立ち上げようとしているのだから恐れ入るもの。ちなみに筆者が10歳の頃など、そもそも将来の夢と言われても明確に答える事など出来なかったものです。だが彼女は違います。将来は日本だけではなく、世界に通用するような起業を立ち上げたいと10歳にして考えているようです。その頭脳で、人生の計算も行っているのかもしれないが、果たしてその暗算が合っているのかどうかは彼女のこれから次第という事でしょう。それにしても末恐ろしい子が現れた者です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. おそうじ革命 高崎店については、もしかすると真っ先にエアコンクリーニングを思い浮かべる人も多いかもし…
  2. 静岡県の熱海 税理士をお探しの方におすすめの江島税務会計事務所は、お客さんとのお話を通してきちんと経…
  3. 秀光ビルドは建築現場の見える化を実現しています。秀光ビルドは住宅づくりに責任をもっています。そのため…
ページ上部へ戻る