齋木隆弘の高校時代の思い出その2

ぼくの高校時代は、勉強・部活動(弓道)で構成されたとお話しましたが、嘘をつきました。
実は、こんなぼくでも大恋愛をしたのです。と、いうと大変な出来事があったかのように思えますが、そんな特別なことではなく、ただ、普通にカノジョがいたというだけです。
といっても、当時のぼくにとっては大大大事件だったんですけどね。(笑)

中学生のときは、意外にもわりかしモテていたぼく齋木隆弘。中学生のころって「好き」と言われたら翌日には好きになってしまうっていうのは、あるあるですよね?
そんな風だったので正直、高校生になり男子高だったとしてもカノジョのひとりやふたり・・・と思っていたのが大間違いでした。

憧れだった、“他校の可愛いJKに電車の中で一目惚れされ、告白をされる・・・”「あの。いつも電車一緒ですよね・・・好きです。」と、メアドを書いたラブレターを渡される、そんな日を毎日毎日待ち焦がれました。
しかし、電車に乗れど乗れどそんな日は来ることはなく、なんなら可愛いJKすらなかなかいません。他校の生徒が多くいる車両は避けていたから当然なんですけどね。(笑)共学の男子ってなぜあんなにもキラキラ自身に満ち溢れた顔をしているんでしょうか?イケメンばかりだったように思えますが。

でも、おそらくそれは校則が緩かったのでヘアセットや、眉を整えたり、制服もブレザーで着こなしも自由だったので雰囲気イケメンが多くキラキラして見えたのでしょう。
うちの学校は、髪の毛、眉、制服(学ラン)など校則厳しかったですしね。今思えば、高校を卒業したら最低限のお洒落は必須なので高校時代から慣れておくことってやっぱり必要だったと思いますけどね。大学に進学してから自分のセンスのなさ、ヘアセットの技術ひとつにしても共学出身の友人との差を感じましたので。(笑)

話が逸れましたが、齋木隆弘の高校時代のカノジョのお話。
電車に乗ってもラブレターをもらえないので諦めて中学時代の女友達に紹介してもらうことに。何故かプライドが許さず、紹介からのお付き合いって嫌だったんですが。(笑)
お願いした翌日にはメールが届きました。オーダーした通り、ショートカットで、バレー部にいそうな肌が白い子。(オーダーって言い方悪いな(笑)

毎日メールのやり取りをしたんですが、自分でもよく続いたなって思います。電話したりしているうちに実際に会ってみることに。
待ち合わせした公園ではじめまして。・・・だったんですけど、想像以上に可愛くて、話し方やしぐさも丁寧で上品な子だったので、すぐに付き合うことになりました。

憧れの制服デート・・・は、彼女が嫌がったので私服でのデートばかり。彼女の通う高校はダサイで有名なちょっと変わった感じの制服だったので恥ずかしかったんだそうです。どんな高校だよ。(笑)でも、JKっていえばやはりブレザーかセーラー服ですよね〜。

結局、高校2年から付き合いはじめて大学入学して間もなく、カノジョの浮気で別れたのですが、高校時代はカノジョのおかげでより輝かしいものとなりました。
破局当時は、怒り狂っていたんですけど、寂しい思いさせたぼくにも問題があったのかな、お互い子どもだったのかな?と、今になっては一歩ひいて考えることができるようになりました。

初めてのデートは、デトロイトメタルシティの映画を見た後、ハンバーグを食べたね。君はチーズが大好きだからトッピングでチーズをマシマシにしたのを覚えているよ。
なんだかんだで忘れられないまま大学時代を過ごして、社会人になってすぐにまた付き合いはじめたのはまた別のお話で・・・。

この子と付き合って、見た目がタイプって最強だな〜と感じています。性格ももちろん大事ですが、どんなに酷いことをされても顔を見ると許してしまうって怖いですよね。(笑)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. ぼくの高校時代は、勉強・部活動(弓道)で構成されたとお話しましたが、嘘をつきました。実は、こんなぼく…
  2. おそうじ革命 高崎店については、もしかすると真っ先にエアコンクリーニングを思い浮かべる人も多いかもし…
  3. 静岡県の熱海 税理士をお探しの方におすすめの江島税務会計事務所は、お客さんとのお話を通してきちんと経…
ページ上部へ戻る