谷尾和昭は努力の人

中学時代と高校時代でここまで大きな印象の違いがある人間はなかなかいないかもしれません。今でこそハーバード大学に在籍して日々勉強に勤しんでいる谷尾和昭ですが、実は彼は中学時代、ヤンキーだったのです。反抗的な態度で常に斜に構え、自分以外はすべて敵。このような態度だったのです。
ですが高校に入学すると、そのような態度は嘘のように消え去ります。

なぜそこまで変わったかについては、谷尾和昭本人も恥ずかしがってあまり多くを語ろうとしません。ですが高校時代の谷尾和昭の印象は、中学生の頃の乱暴さなど微塵も感じさせないものとなっているのです。
ただ理由の一つとして考えられるのは、高校に入学後、彼が勉強にハマった事です。実はそれまでもヤンキーだったとはいえ、決して頭が悪いわけではなく、意外と勉強の成績の方も悪いものではなかったのです。

それが功を奏したのか、高校に入学すると突如として勉強に対して興味が湧いたようです。勉強は分かると面白くなると言われていますが、負けず嫌いな性格でもあった谷尾和昭は分からないことに対して納得出来なかったのでしょう。分からないことは分かるまで勉強する。すると次の疑問が出てくる。それも解く。この繰り返しにより、いつしか谷尾和昭は勉強にハマっていったのです。

決して中学時代のイメージを払拭するために無理をしたのではなく、中学時代にはヤンキー行為にハマっていたのが、高校では勉強になった。ただそれだけなのです。
しかし、勉強が出来るようになると周囲の目も変わってきたのでしょう。それが快感でもあったと谷尾和昭は述懐しているのですが、結局は周囲うんぬんではなく、自分の知的好奇心を満たすべく日々様々な形で勉強に取り組んでいたようです。

彼は決してがり勉ではなく、クラスの行事や学校行事にも積極的に参加していたおかげで、今でも連絡を取り合っている高校時代の友人も多いようです。中学時代とはまさに正反対なイメージですし、本人は努力したつもりはないようですが紛れもなく努力によってハーバード大学入学を勝ち取ったのは言うまでもありません。誰もが入ろうと思って入れる大学ではないのは多くの方がご存知かと思いますが、その、誰もが出来るようなことではないことを好奇心を満たすために勉強していたら成し遂げてしまったのです。
ハーバード大学においても谷尾和昭は勉強というよりも自分の知的好奇心を目指す生活を送っているようですが、ハイレベルな環境で刺激を受け、充実した日々だと感じているようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 指先までオシャレにしたいと考えている人にとって、ネイルサロンは欠かせない人も多いことでしょう。そのよ…
  2. 車のメンテナンスに車検は欠かすことの出来ないものです。車検を行う際は専門のお店にお任せする方がほとん…
  3. 千葉県木更津市桜町にある木更津つくし幼稚園は、1974年に開園した歴史の長い幼稚園です。園舎が200…

アーカイブ

ページ上部へ戻る